突然お湯がでなくなった|給湯器は工事で直る|寒いこの時期に欠かせない物

給湯器は工事で直る|寒いこの時期に欠かせない物

婦人

突然お湯がでなくなった

男性

必ず寿命はやってくる

いまではどの家庭でもありふれている給湯器は、スイッチひとつでお湯が出てくるので何気なく利用している人も少なくありません。この便利な設備はいつまで経っても使い続けることができると勘違いしてしまいそうですが、必ず寿命というものがやってきます。いま自宅に設置されている給湯器が何年経っているのか理解している人は少ないでしょう。お湯が温くなってきた、どれだけ待っても水しかでないなど突然故障することもあるのです。給湯器の寿命は一般的に10〜15年と言われているので、お湯の出が悪い、調子が良くないなと感じたら修理か交換を検討する必要があります。特に年数が経っていると徐々に悪くなるのではなく、突然のように動かなくなるので寿命について常に念頭においておく必要があります。

修理か交換か

完全な寿命で給湯器が壊れてしまったという場合は交換でしか方法はありませんが、使用年数が少ない期間でも故障することもあります。実際に自宅に設置してある給湯器がどれくらいの年数が経っているか把握できていないと、故障か寿命かも判断できません。ガス会社に連絡してきてもらうと、どちらの方法でも良いと言われることもあります。こうなると修理か交換か悩むことになり、金額が少ない方を選択するのが一般的です。ただ、保証期間内であれば無償で修理をしてもらえるので、まずは年数がどのくらい経っているのか確認しておきましょう。保証期間外で修理をすると交換より安く済むのが一般的ですが、例えば燃焼系の不具合を修理したら、次は電装系がおかしくなったというパターンもあります。結局のところ設備は経年劣化するので、年数が経っているのであれば交換してしまうのが安全に使用できるコツとなります。